HOME > ブログ > テープ起こしのこと > 精度の高い議事録作成のために…

精度の高い議事録作成のために…

テープ起こし 議事録 会議録
こんにちは、テープ起こし アトリエ・ソレイユの北村です。

先日ご依頼いただいた会議起こしの音声は、メインとサブでの2台態勢の録音で大変助かりました。
参加者が約15人という多人数の会議でしたので、それぞれ別位置からの録音で、
このご配慮は本当にありがたかったです。

ちなみに、会議、インタビュー、学会、研究会など、テープ起こしが必要な現場はたくさんあって、
今回のお客さまのように、テープ起こしを外注することに慣れていらっしゃる方は、
皆さん2台態勢で録音してくださっています。
録音状態の良しあしなど、もしもの時を想定した危機管理のためにも、
2台態勢の録音は非常に重要ですね。

また、今回のご配慮はこれだけではありませんでした。
会議のファシリテーターさんの細やかなお気遣いにも感動でした。
議事録を作成するために録音していることを事前にきちんとご説明され、
「ご発言の前には必ずご自分のお名前をおっしゃってください」と、参加者全員に徹底してくださっていたこと。
時々お名前を言い忘れてしまう方には「〇〇さん、お願いします」と、しっかりフォロー。
マイクが遠かったり、お声が小さい方には「もう少しマイクを近づけてください」と、これまたしっかりフォロー。
もう至れり尽くせりです。

多人数の会議をテープ起こしする場合、発言者の声の聞き分けに大変な労力と時間を要します。
なので、こういったご配慮やご裁量には涙が出るほどうれしいです。
テープ起こし屋なら、おそらく皆さん共感していただけると思いますが、
こんなファシリテーターさんにヘッドホン越しに出会うと、
「なんていい人なんだ~♪」って、いっぺんに好きになってしまいます(笑)。

そして、発言メモまで取っていてくださり、充実した資料を提供してくださった事務局の担当者さま。
精度の高い議事録を作成するために必要なことをご理解してくださっていたことに、心から感謝しています。
おかげさまで、私自身も満足のいく原稿を納品できました。
本当にありがとうございました。

↑PageTop