HOME > ブログ > お仕事のこと > ご縁のフシギに感謝

ご縁のフシギに感謝

テープ起こし アトリエ・ソレイユ ブログ
こんにちは、テープ起こし アトリエ・ソレイユの北村です。

唐突ですが、かねてから私にはフシギでならないことがありました。

というのは、例えば前回のご依頼からしばらくブランクのあるクライアントさま。
もちろん、そういった方はたくさんいらっしゃるのですが、
顧客台帳を整理しているとき、ある方のお名前に、ふと目が留まる。
それは意識的に留まるわけではなく、なんとなく自然に・・・

そして「お元気でいらっしゃるかな…」と思い出す。
当時のお仕事の内容などを振り返ったり、あのときは○○だったなあとか、
そのころの状況や空気感までもがよみがえってくる。
そういうことが時折あります。

そうすると、どうでしょう!
それから数日以内に、その方からご連絡が入るのです!
「ご無沙汰しておりました」と、久方ぶりのご依頼をいただくのです!

 

☆ これって何なのだろう?

そんなことを何度も経験してきて、ずっとフシギでなりませんでした。
テレパシー? 引き寄せ?
スピリチュアルなものを感じずにはいられませんでした。

その方が私を思い出してくださったとき、私がその方を思い出したとき、
その波動みたいなものがタイミングよく合って、目に見えない糸がシンクロして、
ビビッとつながるのだろうか。
そんなふうに想像したりもしました (^_^;)

でも、これこそが「ご縁」なのかも・・・
たとえばネットの検索で「テープ起こし アトリエ・ソレイユ」を見つけてくださって、
ホームページをご覧になり、ご依頼いただく。
本当にありがたいことなのですが、そこでご縁が生まれ、つながるわけです。

そして、その後しばらく機会がなくて、残念ながら途切れてしまったとしても、
ご縁がある方とは、またつながる。
どんなに長い時間を隔てたとしても、自然とつながる、再会できる。

 

☆ つい最近も・・・

ふと、お名前に目が留まった某クライアントさまから久々のメールが!
なんと前回から約7年ぶり。

私を思い出してくださっただけで感激なのに、
「やっぱりテープ起こしは北村さんにお願いしたくて」と、
過分なお言葉まで添えてくださっていて。
感謝の言葉を幾つ書いても足りないくらい、大感激でした。

 

ありがたいご縁、ご縁のフシギ、合縁奇縁・・・
これからも一つ一つのご縁に感謝しながら、
仕事はもちろん、日々の暮らしも、真心をもって誠実に生きていきたいと思います。

↑PageTop