BLOG

知らない言葉は聞き取れない

ブログ|テープ起こし アトリエ・ソレイユ|知らない言葉は聞き取れない
こんにちは、テープ起こし アトリエ・ソレイユの北村です。
人間は、知らない言葉を聞き取ることは困難です。
これはテープ起こし業界では当たり前のように言われていることです。

たとえば、マーケティング用語に「SWOT(スウォット)分析」という言葉があります。
今や、事業戦略ではおなじみの言葉。
「強み(Strength)」「弱み(Weakness)」「機会(Opportunity)」「脅威(Threat)」
この4つの軸から組織を評価する手法のこと。

テープ起こしを始めてまだ駆け出しだったころ、私は、この言葉を聞き取れませんでした。
「えっ、何?  ソットブンセキ?」
よほど滑舌良く、ゆっくり発音していただければ聞き取れたのかもしれませんが、そういうわけにはいきません。
再生速度をスローにして、何度も何度も繰り返し聞いても、恥ずかしながら分かりませんでした。

また、医療分野で思い出すのは「ウォークインの患者さん」という言葉。
これは救急車で搬送されてくるのではなく、自家用車やタクシーなどで救急外来へ来た患者さんのこと。
駆け出しの私は「ワーキングの患者さん?」「ワキンの患者さん?」などなど、頭の中で取っ散らかりました (^^;)

これらはほんの一例ですが、知らない言葉は聞き取れないのです。
そうなると、ネット検索で調べるしかなく、あれやこれやと予想しながらの検索の旅に出る時間を考えると、
言葉は一つでも多く知っておいて損はありません。
どんな言葉でも「知りたい!」「知っておきたい!」と興味を持ち、頭の隅っこにインプットしておきたいのです。

それに関連して・・・
 
☆ 医療ドラマは字幕を大いに活用する
私は医療ドラマが大好きで、20年以上前、まずは海外ドラマの『ER緊急救命室』で目覚め、
そして『グレイズ・アナトミー 恋の解剖学』にどっぷりハマりました。
日本の医療ドラマも片っ端から見ています。
ちなみに、日本では『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』が一番好きです!
山Pが好きってこともありますが、医療シーンは細かいところまでリアリティーにあふれていて、
すべてのシーズン、エピソードが人間ドラマとしても本当に感動ものばかり。

でも、せりふがサラッと早口だと聞こえなかったり、聞き逃すときも結構あるんですよね。
「えっ、何て病名?」「薬(器具)は何を使うって言った?」「どんな処置をするって言った?」など、
特に医療用語に関することは字幕で必ず確認します。
目で見て、「字」として得た情報は、その言葉の意味も含めて理解&インプットしやすいのです。
「受傷機転」とか「減張切開」とか「正中切開」とか、『コード・ブルー』で覚えました。

弊所は医療分野のご依頼が多く、ドクターたちの研究会やカンファレンスを起こすことも結構あり、
その中では、病名、薬品名、検査名、検査や手術の手技のお話が、ごく普通に飛び交います。
そういうとき、ドラマから得た、いわば付け焼き刃の知見でも役に立ったり、イメージもつきやすい。
もちろん作業PCには医学辞書を入れていますが、辞書で変換する前に入力できたりすることも。
そんなわけで、医療ドラマを見るときは字幕を大いに活用しています。

☆「言葉」に対して貪欲であり続けたい
テープ起こしは、さまざまな分野のお話を聞かせていただきます。
それが、この仕事の最大の魅力と醍醐味だと言えます。
長年キャリアを積んできた今でも、まだまだ学ぶことばかりですし、
専門用語に限らず、時代の変遷とともに、世の中の言葉もどんどん変化しています。
いつ、どの分野のご依頼を頂いてもいいように、これからも言葉に対して貪欲であり続けたいと思っています。

関連記事

  1. テープ起こし屋がこだわりたい仕事道具~キーボード編
  2. テープ起こし屋がこだわりたい仕事道具~ヘッドホン編
  3. テープ起こしの作業工程をご紹介|テープ起こし アトリエ・ソレイユ
  4. テープ起こし関連のブログ掲載にあたって|テープ起こし アトリエ・ソレイユ
  5. 精度の高い議事録作成のために|テープ起こし アトリエ・ソレイユ
  6. ブログ|テープ起こし アトリエ・ソレイユ
PAGE TOP